ドライアイとは

ドライアイになりやすい人

ドライアイというのは、誰がなってもおかしくない症状であるということを理解しておいた方が良いでしょう。

 

ある日突然症状が出るというよりも、長い時間をかけて少しずつ症状が出てくるのです。

 

ただ、生活環境などによって、なりやすい人となりづらい人がいるので、確認置いた方がよいでしょう。

 

なりやすい人の多くが、目を酷使している人なのです。

 

何かに集中している時は、まばたきの回数が少なくなっていることはご存知ですか。

 

集中して物を見ようとすると、人によってはそうでない時の半分以下のまばたきしない場合もあるのです。

 

例えばパソコンを使う仕事をしていたり、読書が趣味の人などです。

 

そういった人は、出来るだけ意識してまばたきをするように心がけたほうがよいでしょう。

 

それから、オフィスで働いている人の多くがドライアイになってしまうとも言われているのです。

 

オフィスというと、乾燥した職場で働いている人も多いのではないでしょうか。

 

乾燥しないように個人で対策を考えている人は非常に少ないようですが、それに加えてパソコンの作業などをすると、どんどんドライアイに近付いていってしまうのです。

 

それから、眼鏡ではなくコンタクトレンズを付けている人もドライアイになりやすいとされています。

 

オフィスでコンタクトレンズをつけてパソコン作業をしている人は、かなりの確率でこの症状に悩まされてしまうことが想定出来るでしょう。

 

ですから、自分で出来る予防策や対策を考え、積極的に実践していく事をお勧めします。

ドライアイになりやすい人関連エントリー


ドライアイの症状や治療法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 ドライアイを改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ドライアイになりやすい人