ドライアイとは

ドライアイとストレス

ドライアイとストレスは全く関係が無いような感じがしますが、実は非常に密接な関係にあります。

 

実際に、仕事が忙しくなってしまったり、自分は今ストレスを感じているという時に、妙に目が疲れたりゴロゴロすると感じたことがある人はたくさんいるでしょう。

 

この大きな原因が、ドライアイの大きな原因でもある「涙」にあるのです。

 

ストレスを感じると、涙を分泌する機能の働きが弱まってしまうからです。

 

目の渇きは、涙の量が少ないことも大きな原因となっているのですが、ストレスを感じる事で目が乾くのにはこういった理由があるのです。

 

それから、ストレスを感じてしまうと、まばたきの回数も自然と減ってしまいます。

 

大切なことは、自分に合った方法でストレス解消をするということなのです。

 

どういった方法でストレス解消が出来るかは人によって異なりますが、好きな音楽を聴いたり運動をしたりと、定期的にストレス解消を取り入れる事を心がけましょう。

 

それから、普段はコンタクトを使っている人も、休みの日には眼鏡に変えてみてはいかがでしょうか。

 

一般的にコンタクトは涙の量を減らしてしまうと言われているので、ドライアイでストレスを感じている人は、出来るだけコンタクトを使う時間を減らす事をお勧めします。

 

出来れば、外に出る時はコンタクトだったとしても、家に帰ってきたらすぐにはずすなどの工夫をしてみましょう。

 

ストレス解消を心がけただけでドライアイが治ったという人も多いので、いろいろ試してみるといいでしょう。

ドライアイとストレス関連エントリー


ドライアイの症状や治療法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 ドライアイを改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ドライアイとストレス