ドライアイとは

ドライアイと涙の関係

ドライアイとは、その名の通り、目が乾いた状態のことをいいます。

 

ではなぜ目が乾くのかというと、それは涙の量が足りていないからなのです。

 

つまり、ドライアイと涙は非常に深い関係があるということになります。

 

目薬をさしたりするのも、目の渇きを解消するためなのです。

 

涙には、目の乾燥を防止する以外にも、様々な役割があります。

 

例えば、細菌などのウイルスから目を守る役割などです。

 

それから、目は球形ですが、涙があることで、まばたきの際にまぶたが滑らかに動いてくれます。

 

実は涙は3つの層から出来ているのはご存知でしょうか。

 

眼球側から、ムチン層、水層、油層となっています。

 

各層の中で最も比率が多いのが水層となります。

 

その上にかぶさる形となる油層は、水層の成分が蒸発するのを防ぐ働きを持っています。

 

ムチン層は粘液となっており、水層が目の表面全体に行きわたるために必要な働きをしています。

 

それから、涙というのは何もしないでおくと勝手に蒸発してしまうものでもあります。

 

私たちはまばたきによって涙腺を刺激することで、少しずつ涙を分泌しているんです。

 

そして、その分泌された涙を全体に広げる役割を持っているのもまばたきなのです。

 

つまり、まばたきに異常が出てしまうと、ドライアイになる可能性は非常に高くなるということですね。

 

まばたきは意識せずに自然に行う動作ではありますが、何かを集中してみる時には、自然と回数が減ってしまうということを頭に入れておいた方がよいでしょう。

ドライアイと涙の関係関連エントリー


ドライアイの症状や治療法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 ドライアイを改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ドライアイと涙の関係