ドライアイとは

ドライアイの症状

ドライアイの症状として最も有名なのが、目が乾燥するという事ではないでしょうか。

 

目が乾燥する人は全てドライアイだと思っている人もいるかもしれませんが、これは基本的な涙の量が多いか少ないかによって判断されるので、眼科で診断してもらう必要があるのです。

 

目が乾燥することによってどのような問題があるかというと、まず異物感を感じるという事があります。

 

ゴミなどが入っている様にゴロゴロしている、まばたきをするたびにピリピリとした痛みを感じるといった症状が一般的の様です。

 

これは特にコンタクトをしていることで症状が悪化してしまう場合が多いのですが、コンタクト用の目薬をさすなどして対応していく事をお勧めします。

 

それから、涙の量が少ないというのとは逆で、何でもない時に涙が出てくるという症状もあります。

 

例えば、風があたっただけで涙がポロポロ出てきたりするという症状です。

 

普段は眼球が乾いているものの、刺激を受けることで目が自身を保護するために涙を出すという症状なのですが、こちらもドライアイの症状なのです。

 

また、涙の量が少ないということは、まばたきもスムーズに出来ないという事なので、普通の人に比べて、目が疲れやすくなってしまうでしょう。

 

目が疲れていると、今度は頭痛の原因にもなってしまうので、よく頭が痛くなってしまうという場合は、ドライアイが原因ではないかと疑ってみましょう。

 

寝ると良くなるという場合も、目を休ませたことが理由かもしれないのです。

 

人によっては頻繁に目が充血し、常に赤い目になってしまうこともある様です。

ドライアイの症状関連エントリー


ドライアイの症状や治療法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 ドライアイを改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ドライアイの症状