ドライアイとは

ドライアイの手術

ドライアイの症状が酷い場合は、手術で対応する場合もあります。

 

日常生活をまともに送れないほどに目の渇きが酷い時は、手術をすることで快適な生活を手に入れる事ができるでしょう。

 

症状が軽い場合は、目薬を活用すれば随分良くなるとされているので、ドライアイと診断されたからといって、必ずしも手術をしなければならないというわけではないのです。

 

手術が必要となるのは、比較的症状が重い場合です。

 

それから、ドライアイは病気として認定されているので、手術を受ける場合は保険が適用されます。

 

手術=高額という印象を持っている人もいると思いますが、涙点プラグ挿入などは一万円以下で手術を受けることが可能です。

 

他に手術といえば、レーシックが有名でしょう。

 

治療費は高いですが、コンタクトを使っている人は、レーシック手術を受けることにより症状が大きく改善する場合もあります。

 

目が乾いた状態でコンタクトを使い続けるのは非常に危険だと言えます。

 

涙の量が少なく、レンズが上手に目の上を滑らない状態でつけるわけなので、眼球に傷をつけてしまう可能性も高いのです。

 

レーシック手術をすれば視力が回復するので、ほとんどの人はコンタクトを付けなくても物が見える状態になるでしょう。

 

ドライアイの人がコンタクトを付けていると症状を悪化させるだけですが、レーシック手術によりコンタクトをつける必要がなくなれば、その分早く治すことが可能になることでもあります。

ドライアイの手術関連エントリー


ドライアイの症状や治療法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 ドライアイを改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ドライアイの手術