ドライアイとは

ドライアイ治療用目薬

ドライアイを治療する場合、目薬を使った治療が中心となるでしょう。

 

それほど症状が重くない場合には、目薬だけでも目の乾きが気にならない状態まで回復することもあるのです。

 

市販の目薬でドライアイ用として販売されているものの多くは、渇きを一時的にしのぐ目的で作られています。

 

ですから、出来れば最初は眼科で診察を受け、適切なものを処方してもらう事をお勧めします。

 

ドラッグストアなどで販売されている目薬は、たくさんの人が処方箋なしでも利用出来るものなので、万人に効果が得られるように作られているのです。

 

ですが、眼科で処方されるものは、個人の状態を確認した上で処方されるので、よりその人にとって効果が高いと思われるものを選択してもらえるでしょう。

 

それほどドライアイの症状が重くないのであれば、市販の目薬で様子を見てもいいとは思いますが、これのみで症状が改善するのはかなり軽度のものに限られます。

 

そのため、ある程度症状が進んでしまってからだと、市販のものだとどうしても効果が実感出来ない場合が多いです。

 

眼科では、ヒアルロン酸が配合されている目薬なども処方してもらえます。

 

ですから、前は市販のもので効果があったのに、どんどん効果を実感出来なくなってきたという場合にも、一度眼科で専用の目薬を処方してもらいましょう。

 

治療用として目薬を選ぶのであれば、防腐剤が入っていないことが第一条件となります。

 

それから、コンタクトをつけている時に、コンタクト用に作られてない目薬をさしたりしないようにしましょう。

ドライアイ治療用目薬関連エントリー


ドライアイの症状や治療法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 ドライアイを改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ドライアイ治療用目薬