ドライアイとは

レーシック手術とドライアイ

目の視力を短い時間で大幅に回復することが出来る「レーシック」と呼ばれる手術がとても人気がある事をご存知でしょうか。

 

費用はかかってしまいますが、眼鏡やコンタクトをつけるのが面倒だという人は検討してみる事をお勧めします。

 

しかし、レーシック手術を受けたことが原因でドライアイになるという話も聞いたことがあるかもしれません。

 

結論から言ってしまうと、これは一時的なものなのです。

 

手術を受けてから数日〜数週間はドライアイのような症状が出る場合がありますが、元々症状がなかった人であれば、目薬などの適切な対応を取ることで改善することが多い様です。

 

稀に一生症状が続く場合もありますが、そうなってしまった場合にも、ドライアイの治療を始めることで症状は改善していくと思います。

 

全ての人が発症してしまうわけではなく、手術を受けた人でも、ほとんどの人が症状を感じないまま視力を回復することに成功しているのです。

 

それから、元々症状を感じていた人でも、手術を受けることが出来るかどうかという点も気になるでしょう。

 

これは症状があまりに酷くない人であれば問題ありません。

 

症状が酷い時は、眼科医の判断のもとで行われることになるでしょう。

 

手術を受ける際には、きちんと診察してくれる信頼出来る病院にお願いする必要があります。

 

術後の適切なケアを教えてもらえず、それが原因でドライアイになってしまったという話もあるので、出来るだけレーシック手術での評価が高いところを選ぶようにしましょう。

レーシック手術とドライアイ関連エントリー


ドライアイの症状や治療法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 ドライアイを改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

レーシック手術とドライアイ