ドライアイとは

ドライアイの治療

ドライアイは、必ずしも治療が必要な症状ではないのです。

 

目薬程度で我慢出来るものであれば、それで済ませる人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、症状が酷くなってしまった時や、目薬だけでは普通に生活するのに支障が出るくらいひどくなってしまった場合には、治療を検討する事になるでしょう。

 

治療の基本は、眼科で処方される目薬なのです。

 

これで症状が随分と改善する人も多く、非常に簡単な治療方法となるので、たくさんの眼科で実践されています。

 

それだけでは症状が改善しなかった場合には、眼科で本格的な治療を受けることになるでしょう。

 

専用眼鏡の装着の他、涙点プラグをつけるといった方法もあるのです。

 

どんな治療方法を選択するとしても、まずは眼科で専門医に相談する事からはじめましょう。

 

症状の度合いによっても、どれが一番効果的かは異なります。

 

自分にとって最適なものを選択するためには医師の診断が必要となるので、症状が酷くなっても目薬で我慢するようなことはせず、はやめに相談したほうがいいですね。

 

はやめに治療を始めれば、目薬のみでドライアイの症状が緩和出来ることもあります。

 

しかし、ドライアイの症状が長く続き、目に痛みなどを感じるようになってしまうと、どうしても手術などの選択肢しかなくなってしまうのです。

 

ですから、自分がドライアイかどうか判断出来ていない場合も、まず診察に行ってみるといいですね。

 

人によっては、食生活や生活習慣の改善を指示されることもあるので、長い目で見て改善していくようにするといいでしょう。

ドライアイの治療関連エントリー


ドライアイの症状や治療法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 ドライアイを改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ドライアイの治療