ドライアイとは

ドライアイの予防

注意さえしていれば、ドライアイを予防することは可能です。

 

まず、パソコンをやっているかどうかという点が大切なのです。

 

パソコンを見ている間というのは、瞬きの回数が非常に少なくなるとされているので、パソコンをやっている人は、それだけでもやらない人に比べてドライアイになりやすい事を覚えておきましょう。

 

予防のためといっても、仕事で使う場合などはパソコンをやらないわけにはいかないのです。

 

そういった場合には瞬きの回数を増やすように心がけましょう。

 

次にエアコンです。

 

エアコンを付けすぎると空気が乾燥してしまうことで有名ですが、これもドライアイの原因の一つとなってしまうのです。

 

職場などで空気が乾燥している場合は、自分で出来る乾燥対策について考えてみましょう。

 

予防のために大切なことは、目を労わるということです。

 

目が疲れたと感じたら、早目に蒸しタオルで血行を良くしてあげたり、仮眠をすることで目を休ませてあげましょう。

 

たった一度の乾燥や、長時間のパソコン利用ですぐにドライアイになることはまずないでしょう。

 

これらが毎日積み重なって症状が出てくるので、数時間ごとに目を休ませることを癖付けましょう。

 

目を酷使する仕事についているという場合にも、たまにゆっくりまばたきをしたり、目薬を使うことによって予防をすることが出来ます。

 

ずっと同じところを見ているのも目が疲れる原因となるので、定期的に遠くを見たり近くを見たりするなどして、目をリラックスさせるのもお勧めの方法です。

ドライアイの予防関連エントリー


ドライアイの症状や治療法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 ドライアイを改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ドライアイの予防