ドライアイとは

ドライアイ治療と食べ物

食事というのは、毎日取る大切なものですよね。

 

その中でドライアイに良いものがあれば、積極的に取り入れていくといいでしょう。

 

まず、「ビタミンA」です。

 

これはレバーや卵などに豊富に含まれているもので、目の乾燥を防ぐ役割を持っているのです。

 

ですから積極的に食べるようにする事をお勧めします。

 

ただし、ビタミンAは脂溶性と呼ばれる栄養素で、摂取しすぎると体調に異変を感じる恐れがありますので注意しましょう。

 

ビタミンCなどは水溶性であり、体内で使われなかったものは尿として体外に排出されるのですが、ビタミンAの場合はそうはいかないので、摂取しすぎないように注意しなければならないのです。

 

次に、「ルテイン」と呼ばれる成分も大切です。

 

これは、ほうれん草やいんげん豆などの緑黄色野菜に多く含まれている成分で、ビタミンAと一緒に摂取することで、ドライアイの症状を緩和する働きが増します。

 

ほうれん草だけでなく、ケールと呼ばれる野菜にも多く含まれているのですが、ケールは独特な味があるため、合う料理などが見つかりづらいかもしれません。

 

そこでお勧めなのが、ケールを主原料とした青汁を飲むということなのです。

 

青汁はまずいものであるという認識を持っている人もいるかもしれませんが、最近の青汁はかなり飲みやすくなっています。

 

蜂蜜が含まれているものなどもあるので、ドライアイ改善のためにも積極的に摂取しましょう。

 

目のためだけでなく、健康のためにも、一日三食しっかり食べることを目標に心がけましょう。

ドライアイ治療と食べ物関連エントリー


ドライアイの症状や治療法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 ドライアイを改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ドライアイ治療と食べ物